bruker_new

高速イメージング対応 共焦点顕微レーザーラマン: SENTERRA II

senterraII

SENTERRA II は、品質管理等のルーチン分析から最先端の研究分野まで対応する、ブルカーならではの高性能システムです。

 

高度に自動化された各種機能と効率的な操作性:

  高速ラマンイメージング測定対応 - 最高速度:100スペクトル/秒
  高波数分解測定においても3500〜50p-1のフルレンジをカバー
  ウィザード機能による簡単・快適な操作
  ワンタッチ切り替え、マルチレーザー対応 : 488、532、633、785、1064nm

  高精度連続自動波数校正機能SureCAL(TM)
  あらゆる試料に対応するFlexFocus(TM)機構
  Class 1 レーザー安全基準適合
  バリデーション対応
  蛍光を最小限に抑えるFT-ラマンへ拡張可能

 

コンパクト & 堅牢設計

一般的なラマン顕微鏡では、分光器が顕微鏡と分離されたシステムがほとんどで、光軸の調整などメンテナンスがシステム全体の性能に影響し、性能を維持するために多くの時間を割く必要があります。SENTERRA IIは、励起レーザー、分光器、顕微鏡が一体となったコンパクトかつ堅牢な統合システムで、その効率的な光学設計により、高い性能と安定性を達成しています。

 

効率性と柔軟性

SENTERRA IIでは、迅速に結果が得られるように、スムーズかつ的確にオペレーターをサポートします。試料の可視観察からスペクトル品位の確認、測定領域の設定まで、データ測定の手順をステップごとにガイドします。

Step1

step1

Step2

step2

Step3

step3

Step4

step4

Step5

step5

サンプルを観察

観察像をキャプチャー

プレスキャン

測定条件最適化

測定領域の指定

2次元mapping

高速imaging

⇒測定スタート

データ解析

ライブラリ検索

定量計算

ケミカルイメージ

測定結果の出力

 

さまざまなアプリケーションに対応

  応力 / 歪み解析
  深さ方向の非破壊分析
  他アプリケーション:ポリマー等の判別分析、組成解析 / 異物、添加剤の定性分析 / 結晶化度、コンフォメーションなどの特性評価 / フィラーなどの添加材の定量分析

 →SENTERRAII について、詳しくはこちら

 

topへ戻る

メールマガジン登録

メルマガ登録
    ブルカー・オプティクスからの情報をいち早くお手元にお届けいたします。

SENTERRA II お問合せ・カタログ請求